Fandom


Pl ases0017 0010 01

キャメルクラッチは、『キン肉マン』および『闘将!!拉麺男』に登場する技。

概要 編集

Tatakkaeramenmanlogo

うつ伏せ状態になった相手の背中に乗り、首から顎を掴んで相手を海老反り状にする技。実際のプロレス技でもあるが、ラーメンマンの場合は相手を真っ二つに裂くまでその手を止めない。モンゴルマン時代は正体を隠す為、この技を自ら封じていた。

『キン肉マンII世 究極の超人タッグ編』では「美来斗利偉・解腹折り(ビクトリー・かいふくおり)」の別名が与えられた[1]

闘将!!拉麺男』では、超人一〇二芸の一〇三番目の技「機矢滅留・苦落血(キャメル・クラッチ)」として、拉麺男により開発され超人拳法に加えられた。

派生技・関連技 編集

スタンディングキャメルクラッチ
立ったまま相手を痛めつける技。
ダブルキャメルクラッチ
キン肉マンゼブラパルテノンに対してキン肉スグルが使用。

使用者 編集

パロディ 編集

脚注 編集

  1. ゆでたまご「伝説の必殺技vsカオス!」『キン肉マンII世 究極の超人タッグ編 13』集英社〈週刊プレイボーイ・コミックス〉、2008年6月24日、ISBN 978-4-08-857481-3、205頁
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。